2015年8月11日

第18回期日(第17回弁論準備期日)のご報告

平成27年7月1日午前11時30分から第18回期日(第17回弁論準備期日)が行われましたので,ご報告いたします。


1 各当事者から,以下のとおり,書面が提出されました。
(1)被告片山化学工業
  ・第17~第20準備書面陳述
(2)原告ら
  ・甲個C号証を提出

 2 進行について
(1)原告ら
  8月末日までに,陳述書の提出を終える予定である。
(2)被告悠香
  8月末日までに,アレルギーに関する海外の判例を書証として提出する予定である。
(3)被告片山化学工業
  8月末日までに,第20準備書面を改訂した準備書面及び升田教授の意見書を提出する。
(4)今後の進行

  次回期日  平成27年9月7日(月)午前11時から
  次々回期日 平成27年11月11日(水)午前11時から
  ※次回期日以降も,ご希望に応じ,出席していただけます。

3 被告片山化学工業の第17準備書面について
  被告片山化学工業の第11準備書面を訂正したものです。

4 被告片山化学工業の第18準備書面について
  平成26年3月までに公表されている論文により,①本件小麦アレルギーに関する抗体及び抗原について未だ知見が確立していないこと,②本件小麦アレルギーの要因がグルパール19Sの酸分解の工程にあることは1つの要因として示唆されているにとどまること,③本件において交差反応が起こった機序については解明されていないことなどが記載されています。

5 被告片山化学工業の第19準備書面について
  被告フェニックス準備書面(18)への反論が記載されており,内容は,以下のとおりです。
  被告フェニックスが,本件小麦アレルギー発症の原因が,グルパール19Sそのものにある(被告フェニックスや被告悠香がグルパール19Sの用途・用法を工夫しても被害を防ぐことができなかった。)と主張しているが,①グルパール19Sが配合されて170万個販売された「渋の泡石鹸」については,本件小麦アレルギーのような症例報告がないこと,②被告片山化学工業は,原材料についての基本的な情報を適切に表示しており,配合成分等の構成等については,被告フェニックスや被告悠香が検討すべきことである。

6 被告片山化学工業の第20準備書面について
  被告片山化学工業の第20準備書面は,責任論に関する主張を整理したものです。


以上,簡単ですが,第17回期日(第16回弁論準備期日)のご報告でした。