2014年11月28日

第14回期日(第13回弁論準備期日)のご報告

平成26年10月15日午前11時から第14回期日(第13回弁論準備期日)が行われましたので,ご報告いたします。

 第13回弁論準備期日において,原告らからは,アレルギー診断病院分のカルテ(診療録)およびアレルギー診断病院分以外のカルテ(診療録)を提出しました。
 被告フェニックスから準備書面(15)が提出されました。

 被告片山化学工業から第13準備書面及び学術論文などが証拠として提出されました。
 

・被告フェニックスが提出した書面の内容
 

 被告フェニックスが提出した書面の内容は,原告らが提出したカルテの内容に基づいた反論を記載したものです。


フェニックスの提出した準備書面の大まかな内容は,

(1)原告のうち46名については,特異的IgE抗体値またはプリックテストの検査結果が擬陽性または陰性にまで低下しており,そこまで確認できない原告ら及び検査の実施が確認できない原告らにおいても,現時点においては陰性化している可能性が高い。
 
(2)経口小麦負荷試験などで,実際に小麦の摂取を開始した原告らがいるのであるから,小麦又はグルテンの特異的IgE抗体値の検査結果の数値が低下傾向である原告らは,経口小麦負荷試験を実施しない合理的な理由が示されない限り,経口小麦負荷試験を行う必要性がない程度まで耐性獲得に至っている可能性があると推定される。
 
(3)小麦又はグルテンの特異的IgE抗体値の検査や小麦のプリックテストが陰性となるが,小麦加水分解コムギ末であるグルパール19Sに対する検査が陽性となる場合でも,今後,グルパール19Sやその類似品が市場に流通する蓋然性は認められないから,寛解と評価してよい。
 
(4)最終受診時が,カルテの提出時期から1年以上前の原告らは,耐性獲得が進んでいることが示唆される。

(5)アトピー素因保有者である原告らは,自らに現れた諸症状が本件アレルギーによるものであることを個別に立証すべきである。

(6)日本アレルギー学会特別委員会所属の委員らの見解によれば,原告らの本件アレルギーはいずれも治癒するものと推定されるので,原告らの主張する共通の損害(将来小麦を食べられないことを前提とする損害)の立証は尽くされていない。
 

というものです。
 

・被告片山化学工業の提出した書面の内容

被告片山化学工業の提出した書面の内容は,グルパール19Sの欠陥に関するもので,

グルパール19Sは,特定の完成品のために開発・改良された物ではなく汎用品であり,完成品製造業者に用法違反があれば,グルパール19S自体の欠陥は認定できない。
 
というものです。

 

・次回期日の予定
 
 
(1)原告ら
  ・書証について,患者名及び病院名の記載を書いていないものの確認作業を行う。
  
  ・損害論に関する準備書面及び陳述書の準備を進める。
(2)被告フェニックス

  ・送付嘱託による回答書を期日間に書証として提出する。

  ・個別原告に対する送付嘱託を検討する。


(3)被告片山工業

  ・12月10日までに,被告フェニックスの準備書面(14)(内容については,13回期日報告をご参照ください)に対する反論書面を提出する。知見に関する証拠を提出する。
   
 

  

(4)今後の進行

 次回期日  平成26年12月17日(水)午前11時から

 次々回期日 平成27年2月27日(金)午前11時から

※次回期日以降も,ご希望に応じ,出席して頂けます。

以上,簡単ですが,第13回弁論準備期日のご報告でした。